ダイエットのためのサプリメント

 

近年いろいろな分野、いろいろな目的のサプリメントが販売されています。
日本だけでなく欧米でもアジアでも世界的にサプリメントがあふれていて、海外製のサプリメントも日本にたくさん入ってきています。
そのサプリメントの中でダントツというか、多いのがダイエットのためにサプリメントです。
人々が如何にダイエットを望んでいるか、如何にダイエットが難しいものかを表しているのが数多いダイエットのためのサプリメントだということができます。
では、ダイエットのためのサプリはどんな効果があってどんな問題があるのでしょうか。
サプリメントの効果効能については、そのサプリを売り出している販売者の説明が一番です。
このレポートではダイエットへのサプリメントの問題点を取り上げて効能と比較していただくこととします。

 

 

まずはじめにサプリメントという言葉ですが、日本では「健康補助食品」を指す言葉です。
つまり、健康補助「食品」であって、クスリではないので、薬効などは存在しないと考えるべきです。
むしろ、薬効を一言でも謳ったりすると、薬事法違反や不当表示防止法に抵触するただの食品なのです。
「飲むだけで痩せる」「食べるだけで痩せる」こんなものは存在しないのです。
ダイエットとは、「摂取カロリーと消費カロリーの関係」です。
摂取したカロリーを減らす食品、カロリーを消費する食品など、少し考えただけで“ありえない”とわかるはずです。
それだけではありません。ただ痩せないだけではなく、さらに問題なのが、商品を信頼しすぎて逆に太るということです。
ダイエットサプリメントで「これで痩せられる」と、安心して危機感が薄れてしまうのです。

 

 

ダイエットサプリメントのもうひとつの問題点は、健康被害の可能性です。
どういうことかというと、副作用の可能性栄養の不足、この2つの危険があります。
サプリメントについてはこのような問題点を理解したうえで使用するかどうか考えることが必要です。
以上のサプリメントについての正しい知識をよく理解したうえで、次の3つのサプリメント(いずれも人間の体内で作られている一種の酵素)について簡単に解説しておきます。

 

 

この三点はいずれも体内に含まれる酵素の一種で、直接ダイエットさせるのではなく、脂肪分、アミノ酸分を燃焼させる身体の働きを補助する機能を持っているものです。
「アルファリポ酸」 「Lカルニチン」 「コエンザイムQ10」の3つです。
これらのサプリはもともと人間の体内にあって、自然のダイエットの働きを助けているのですが、加齢とともに働きが弱って効果が薄らいでいるため、サプリメントで補ってダイエットを効果的にするというものです。

 

体内の細胞でエネルギー源を分解燃焼する働きがミトコンドリアですが、「アルファリポ酸」は体内にある脂肪分をミトコンドリアへ効率よく運ぶ働きをします。
それをミトコンドリア内へ誘導するのが「カルニチン」、ミトコンドリア内での燃焼を助けるのが「コエンザイムQ10」です。

 

ダイエットのためのサプリ記事一覧

ダイエットを達成するためのポイントは、摂取エネルギーの制限よりも、体内の余分な中性脂肪を燃やす働きを活性化することが大切です。そこでアルファリポ酸が体内に十分あると、ブドウ糖をエネルギーに変換するサポート役を担ってくれます。アルファリポ酸は、もともと体内に含まれる成分のため、摂取量を守っていれば、副作用が起こることはほとんどないと言われています。しかし、とは言ってもサプリメンとであることには変わり...

「Lカルニチン」は、 もともと体内で合成させるもので、副作用が殆ど無く、 安全性が非常に高いとされています。適切に用いれば授乳中においても安全性が示唆されていて、 母乳や調整乳に添加しても副作用は報告されていないと言われています。この、「Lカルニチン」は、 ミトコンドリアへと脂肪を誘導する役割を果たしています。これにより、脂肪をエネルギーとして利用することができます。

「コエンザイムQ10」についてコエンザイムQ10はもともと心臓病の治療薬として、 開発されたものですが、ほかにも薬効が報告されています。がん、高血圧、歯周病、動脈硬化、神経疾患、男性の生殖能の低下、 アルツハイマー病などです。 このコエンザイムQ10がサプリメントとして認可されたため、 効能がはっきりしている珍しいサプリのひとつとして人気を集めています。この補酵素、コエンザイムQ10には大きくふた...