スピードダイエットについて

 
短期決戦!

 

期日までにやせなければならないスピードダイエットは、始めたら後戻りはできないもの、失敗したらその日までにやせることは不可能なダイエットです。
摂取量を抑えるか、運動量を増やすか、どのパターンが一番痩せやすいかを把握できればスピードダイエットにも効果があります。

 

短期間で激太りをしたことのある人は、何が理由で太ったかを考えてみましょう。
それがわかれば、その逆をたどることにより、案外簡単にダイエットできるかもしれません。

 

スピードダイエットとはその名の通り短期間でのダイエットのことですから、時間をかけてやせることに比べ、
当然心身共に一時的にぐっと負担がかかります
安易に挑戦すると失敗しやすくリバウンドにもつながるので、ストレスも考えながら、なおかつ心も上手にコントロールすることが大切です。
途中で挫けないためにも、強い意志がないと、成功できません。

 

 
 
食事制限ダイエット

 

スピードダイエットをする方法のひとつに、食事制限を行う方法があります。
長い時間をかけて行うダイエットは、太りにくい上に痩せやすい体質を作ることを目指すものですが、スピードダイエットではこの体質改善はできません。
ただ、スピードダイエットで作った身体を維持することができれば長期ダイエットへつなげることも可能です。
食事制限は、スピードダイエットを行うための方法としてまず第一にあげられる方法です。

 

次に特定の食品だけしか食べないダイエットや水以外はお腹の中に入れない断食ダイエットがあります。
カロリーの量が少なくなりますから、体重は一時的に減少します。
スピードダイエットを後押しするための健康食品やサプリメントもたくさん出回っていますので、
これらを使ってダイエットを行うことがひとつの方法ですが、断食でも分かるように、またサプリの特性でも分かる通りスピードダイエットには必ず副作用があります

 

食事制限という方法で痩せられるのは、身体の中に蓄えられていてる水分が減少するからです。
これは体脂肪を減らすことはできないのです。
短期間で作った体型は、1日か2日の短い間なら維持することはできますが、身体負担をかける急激なダイエットであれば、その後のリバウンドにつながりやすいということは、念頭においておかなければならないことです。

 

 

ここで、スピードダイエットのリバウンドについて考えておきます。
ダイエットは出来れば短期的に終わらせたい。
だから例えば単品ダイエットでスピードダイエットに成功する、実はこのあとです。

 
 
スピードダイエットでリバウンドしない

 

普通の食事に戻したとたんのリバウンドは必ずと言っていいほど起こります。
そこでリバウンドした後でまたダイエットを行い、再度体重を減らしたもののまたリバウンド。
これを繰り返すと、痩せる毎に身体が飢餓状態になるので基礎代謝量が落ち、体脂肪の割合を増やす結果にもなってしまいます。
結果的に体重は増加傾向になりがちです。
短期間でのダイエットで目標体重を達成した後、リバウンドしない、これがスピードダイエットの一番大切なことです。

 

ではそのために何をするか。
スピードダイエット後、いざ体重が減ってから考えようとしても追いつかないものです。
体重を維持することは、体重を減らすこと以上に大変なことだと考えておきます。
サプリメントを使用したスピードダイエットを行った場合、そのサプリメントがどういうメカニズムでダイエットを助けたかを把握しておく必要があります。
スピードダイエットで落とした体重を維持したいと考えるなら、ダイエット終了後にすぐに今までの生活に戻ることは絶対に避けることです

 

 

私達の身体は自分が思う以上に実に上手に出来ています。
カロリーを減らしたダイエット期間のカロリーに身体が慣れてしまい
通常食でもオーバーになり体内に体脂肪として蓄積されてしまいます。

 

短期間でダイエットした場合は、終わってからの食生活が大事です。
長期ダイエットに移行できれば理想的ですが、元の食生活に戻るのではなく、自分の身体と相談しながら段階的に元に戻すことが大事です。

 

ここでお勧めなのは岩盤浴です。岩盤浴がいいことは、このレポートの【「岩盤浴でダイエット」の項】をお読みください。